上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ロンドンの旅に出かけました!!


032.jpg


全くのロンドン無知で、危うくビックベンさえも知らないくらい…

ロンドンに住んでる友達にいろいろと案内してもらうことに

ロンドンに着くなり、何だか見慣れない景色と小奇麗さ。
一瞬日本に居る錯覚さえ


そうなのです!!

ロンドンはパリと違いとても綺麗で現代的な街なのです。



まずはビックベンから


035.jpg


ヨーロッパはほぼパリしか知らなかった私は、どの国もパリみたいなものかと思っていたので、
これは目からうろこです。


ある程度何でも綺麗だし、怪しそうな人があまり歩いていません。
すなわち、すりが少ないということで、安心して観光できます


高い建物も多いので、夜はイルミネーションが東京みたいで、びっくりしてしまいました。
久しくこんな明りのついたビルとか見てませんし…


071.jpg



蛍光灯の光が多いからか明るく感じます。


ロンドンブリッジ


079.jpg



人もよく働いています。

必要以上なことをしてもらうことに慣れなくなってしまったからか、
マックでトレイ受け取ってゴミ箱に捨ててくれたことにかなり違和感がありました



ただ、不思議に感じたことは、
こんなにも日本人にとって馴染みのある街並みであるのに、パリに比べて日本人が少ないのです…


明らかに私たちにとってパリは違うことが多すぎて容易く暮らせる国ではないと思います。
でも日本人はこんなにもパリが好きなのです。

私もですが、、、


そこにはどんな理由があるのでしょうか。。
とても興味深いです。


053.jpg


このロンドンの旅では、改めてパリを離れることを寂しく感じてしまいました。
私にある何かを感じさせるものがあった気がしたのは確かなのです。


急に実感が湧いたのか…


なかなか先のことを決めていくのは難しく、ここ何日もいろんな思いが頭を駆け巡ります。
でもふとした出来事で、ほんの少しほんの少しづつ自分の先が見えてきている気がします。

それが、私のパリでの生活です。

些細な出来事が私の気持ちを動かすことが多いのです。
頭で考え決めるのではなく。



普通の幸せを自分が手にできないとしたら、それは自分の両親からも普通の幸せを奪ってしまうことになるんだろうな。

なんて考えていると、、
もうこんな歳に私もなってしまったのだと改めて感じます



日本が近づくと、考え方が日本にいた頃に戻っていくような気がして、

でも流れるままに生きるのがきっと良いのでしょう。


そして、大切なのは楽しく生きていくこと
例え、どんな風に思われていようが…



151.jpg




これを忘れないようにしたいのですが。
日本だとなぜかこれが難しかったりするんですよね。



このロンドンにまた友達に会いに来れることを願って…

残り少ないパリでの生活を送ります。



184_20130829151537217.jpg



最後のロンドンの旅、最高でした (。>_<。)♡



にほんブログ村
スポンサーサイト
2013.08.29 Thu l Londre ロンドン l コメント (0) トラックバック (0) l top
私がもうすぐ帰国とのことで、みんなでタイ料理を食べに行きました。


人生でタイ料理は2度目
日本では1度も食べたことなかったのです。

一緒に行った友達の中にはフランス生まれのタイ人の方がいらっしゃったので、
いろいろとアドバイスをしてもらい…


頼んだのは、有名なグリーンカレー 


DSC_2742.jpg



やはり、けっこう辛いんですよね~


その他にも、、

春巻きみたいなのや


DSC_2740.jpg



牛肉の半生もたいなのとか


DSC_2739.jpg



パパイヤのサラダ??



DSC_2741.jpg




なんともビックリしたのが、みんなで私の食べたものの値段を割り勘して奢ってくれたのです。
こんなに親切にしてもらって‥

うれしいのです(*^^)v



ふと、あとフランスにいる時間を指で数えるとほんとに数日しかなくて…


実は、私が帰国日を決めたのは2月でした。
思い出しても笑えてくるのは、、その頃は日本での再生活を楽しみにしている私が大きくて
少し早目の帰国にしてしまったのです(笑)

まさかの展開は想像してませんでしたので。

あの頃の私はどこへやら ???


フランスでの生活、決して短かったとは言えないし
何がこの一年でできたのかと言われれば、大して何もできていないんだろうなぁぁ。

ただ、それでいいのだろうなと思える自分がいるような気がしてます。


仕事を捨て無職になり、海外に来ることは歳を重ねるほどたやすいことではないし、
私も来るときにはそれがひっかかりもしていました。


1年後…どうすればよいのか、、

しかし、1年後、その先に何が起きてどんな状況になるかはわかりません。
ここにいると、いろーんな生き方があることを身に染みて実感させられるのです。


決まりが少ない分、自由もできることも多いです。
その分危険も多いので自分は自分で守らなければいけませんが。

海外は可能性が広がると言われるのは、こういうわけかもしれませんね。


日本は暮らしやすく、道を外す人も少ないかもですが、
能力を抑えてしまうところもあるかもしれませんね。



DSC_2744_20130823055501b7a.jpg



にほんブログ村

2013.08.23 Fri l mes amis l コメント (0) トラックバック (0) l top
実は…

最近お家でのフランス語の勉強がだんだん減っていき、、なくなりそうな勢いで。

私にいつもフランス語を教え、正しい言い方に直してくれてた方がバカンスでフランスの田舎に行っていた間…
すっかりご無沙汰になってしまったフランス語のお勉強。。



DSC_2547.jpg




ふと気が付いたとき

あれっ

なんだか私簡単な簡単なフランス語しか話さないようになっていってるのでは??
毎日お店で何人ものフランス人と話してはいるけれど‥


そんなときほぼ同時期くらいに、、

一緒に働く日本語が上手なフランス人から Bonne compréhension!!!

在仏8年の彼女からは、ほんとによくフランス語話すようになったよね~


自分の中でフランス語の成長が止まってると感じていた時のこの言葉は嬉しかったです
といっても‥フランス語って本当に難しいのです。

フランス人が話すのを聞いていると、私が学校で勉強していてこんなややこしい区別できないだろ~って思っていたことを反射的に話しているんです。

母国語なんで当たり前なんでしょうが~


DSC_1790.jpg



この先のことをあれやこれやと考える今の時間

やっぱり異国で暮らしていくということは、そんなにたやすいことではないのだな~
といろいろ調べる中でしみじみと感じます。

日本だと無条件にできることができない。



DSC_2200.jpg




日本に帰ってやりたいことは沢山です!!
岩盤浴、ドトールカフェ、パンコテイの串カツやおいしいケーキにお買いもの、、
どんどん予定が埋まっていき、ワクワクなのですが…

なのに、12月に帰国したときとは全く違う感情があるのはなぜなのでしょうか。
この違いはわかるようなわからないような


まだまだフランスでやりたいことがあるのでしょうか。
それとも…
フランスに居たい理由とは…


自問自答の日々。

でも、本当は私の奥の中ではちゃんと理解しているような。


ゼロから自力で作り上げた今の私の生活。
そうでもない生活なのですが、私にとっては愛おしいのです。。



DSC_2708.jpg





そろそろ早いですがパッキング始めてしまいました



DSC_2709_20130814115013fbc.jpg


そして、どんなときも応援してくれ背中を押してくれるお母さん、、
何も言わないけど、いつも好きなことをさせてくれるお父さん、、

本当にありがとう!!!



にほんブログ村
2013.08.14 Wed l Ma vie de la france l コメント (0) トラックバック (0) l top
実は最近よくパリでカクテルを飲んでいます

しかも仕事帰りに…(T_T)



DSC_2693_20130809111605012.jpg


このビックなカクテルには‥
20€でした。

南仏気分ですね!!!


私が飲んだのはこちらのカクテルですが


DSC_2690.jpg




イチゴリキュールのシャンパン割りです


こちらのカクテルは日本よりもやや高めです。
でも地元の方は少しでも安いところを知っています。

やっぱりこちらの人と一緒にいるとなにかといろいろらくちーんなのです。


仕事帰りの一杯はいいですね~
外の気持ちの良い風にあたりながら、、、


来たばかりの頃は、夜遅くに帰宅も怖くおどおどしながら帰っていた私が‥
今は終電ぎりぎりまで飲んでる私へ


飲んだあとにおいしいホットドックを頂いたり。



DSC_2686.jpg


もちろんビックでボリュームたっぷりですが、
また日本では味わえない味がするんです


美味しいです


いろんなところに連れて行ってくれる友達にも感謝です。


フランス生活に慣れて来たと言っても…
まだまだ分からないことは沢山で、颯爽良くすたすたと歩くことはできませんが…

これからもやよ吉はてくてくとゆっくり歩いていきます(^_^.)



こちら、この前友達と一目ぼれして買った部屋着??



DSC_2702_20130810093913d0d.jpg



これこそおフランスでは…

これを着てゆっくり休日は休みます

一気に涼しくなったパリであります。




にほんブログ村
2013.08.10 Sat l Cocktail l コメント (0) トラックバック (0) l top
いよいよ8月!!!
最近は時が過ぎるのが早くてビックリする日々です。


101_201308062056088a3.jpg



そして涼しい電車の中では、日本の本を読んでいます
実は…私、、子供の頃から本を読むのは大嫌いで夏休みの宿題の読書感想文はお母さんに書いてもらっていました。


なのに‥今は本を読んでいます

昔はフランス語の本ばかり読んでいたのですが…いつからか日本の本を読みたくなってしまったのです。


ある小説の中では…
スチュワーデスの方が、お客さんの問題を見つけては何とか手助けをしようと頭を悩ませていたのです…
一瞬、普通ここまでしなくてよくないかな?と思ったのですが…


いや、私がホテルで働いていた時も

お客様の記念日のサプライズにこれでもかってくらいお手伝いしたり、、なんだか一人で怪しい行動する方には夜中中気にかけたり、、


みんなで力を合わせてお客様を喜ばせる
そんな仕事が好きで始めたホテルでした。


みんなで一つのことに向かっていろんな方向から力を加えていき、それが最終的には

ありがとう

の言葉となって返ってくる。

そんなときが一番好きだったなと思い出しました。


これって日本独特のサービスではないでしょうか。

もちろん相手が人間というだけに、怒鳴られたりときには訴えるなんて言われたり
波乱万丈で苦は多いですが…最後には笑える仕事です。



105.jpg


こちらだと‥言われないことはやらないのが当たり前。

パリで働き始めて9ヶ月目くらいでしょうか。既にこの喜びを忘れつつあります。
人間って‥

ふと思い出した日本のサービス、、単純に日本ってやはり素晴らしいじゃないなんて~
久々に日本をしみじみと思い。。


帰国を目前に、、本当に帰るんだ!!と思ったり、淋しさと嬉しさとが交互に現れる不思議な時間です。
日本に帰った自分が何を感じるのか、今は想像さえもできません( 一一)



そんな中、、素敵なCaféを見つけました。。

内装がとっても綺麗で、ゆっくりお話が弾みます。



DSC_2688.jpg


Jean Paul Hévin



神戸のマンションからの夜景、いやもう朝の5時くらいだったはず…


DSC00440.jpg


悩み過ぎて、何度この時間を迎えたことか、、
もうそんな生活が戻ってこないことを願いつつ


今はこちらの夜景を眺めます☆彡


1375792938059.jpg


C'est parfait !!!




にほんブログ村
2013.08.07 Wed l Japon 日本 l コメント (0) トラックバック (0) l top
7月は3人も友達がパリに来てくれました。


3人目の方は、一番古い友達、、
中学が一緒だった彼女とは、4年ぶりくらいの再会です。

私たちは中学の頃は卓球ばかりしてました。
特に彼女は卓球が大好きだったことをよく覚えています。

いつも唐突に電話をしてくるのが彼女の癖で…内容もちょっとおもしろく
でもなぜか私にとって彼女はほっとけない存在なんです(T_T)


彼女と一緒にモンサンミッシェルヘ

電車で2時間半、バスで1時間半…


DSC_2651.jpg


とても長旅で…気温も高いフランス


DSC_2677 (2)


日差しがとてもきつく大変でしたが、周りは大自然です。
鳥もたくさん、水平線も見えたり
やっぱり素敵ですね

そして、こうやって観光をすると…なぜかいろいろ買いたくなってしまうダメな私なのです。



ここの名物であるオムレツ
たっぷり泡立てて、メレンゲまでくっついてきているふわふわのオムレツ、、


DSC_2672.jpg


かなりの味の濃さに二人とも撃沈でした



今まで何人もの友達をパリにて迎え…違和感がないことはやはりないのです。
これが環境に慣れるということなのでしょうか。

このことに関してはいつも複雑な気分になってしまいます。時には恐怖さえ…
こんな感覚は初めてだからなおさらなのでしょう。


やっぱり周りの環境は大きいのですね。
なんせ…フランスで育ち日本人みたいな感覚を持った人はゼロに等しいですものね。


彼女には、パリにて朝帰りもお付き合いいただきました。
一緒に働く友達とカクテルを飲みにバーへ


DSC_2680_2013080509145216a.jpg


こちらは Frenchkiss です。


いろいろ歩き回りお疲れの彼女でしたが…
彼女が帰国前にくれたメールに、、楽しかったな~ と書いてありなぜかとてもうれしかったのです。



国は違っても彼女も力強く一人でがんばっている仲間です。
応援せずにはいられませんよね。


601979_420946738025043_1769703055_n.jpg


とっても疲れた数日間でしたが、、彼女と一緒にいた時間はいろーんな話をしました。
もう私たち中学生ではないので、悩みも大きくなってしまいます。
昔は…どうしても卓球がうまくならないとかが悩みだったはずなのに‥(笑)

歳をとるということは良し悪しですね。


次は東京にて



DSC_2647.jpg




にほんブログ村

2013.08.05 Mon l Le Mont Saint Michel l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。