上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今日は…日曜日



DSC_2642.jpg




久しぶりに映画を見に行きました。

World war Z

日本でも公開されてますよね。
ゾンビが沢山出てきて~

洋画って迫力があり過ぎて、その時は映画の中に入り込んでしまうのですが
日本だと映画館から出ると日本の風景が広がってるので、、

はぁ~という感じで現実に戻るはずが‥


外に出ても、パリの風景だとなかなか現実に戻れません。
ゾンビはこの世にいないのに、混同してしまい。


日本が恋しくなりました。
そして帰りたいけど‥飛行機に乗るのも怖いなんて
大袈裟です。

やはり、もしも何か起きたときは異国にいることはより不安なのだと思いました。


しかし、、フランス人とは感覚が違うのでしょうか。

ゾンビがおもしろいのかよく笑ってました


フランスの映画を見たいと思っているのだけど‥いつもアメリカの映画。
すなわち、字幕がフランス語です…

目で追うので精一杯!!!



フランス人の友達が、革命祭の日の花火の写真をたっぷり送ってきてくれました。


1374458458625 (1)


なんだか夏って感じの写真です。


この方は日本大好きな方なのですが、よくエッフェル塔の写真を撮ったりポストカードを買ったりしてます。
本当にフランス人はフランスが好きなんだな~

でも、日本の写メを見せてあげるといつもとても興奮しています




1374458434845 (1)


最近のパリ、とても暑くてあまり日本と変わらないみたいです。
普段はこんなことないみたいですが…


あんなに冬が長くて、こんなに夏が暑いなんて~
大変、、、、、


冷房ない家でこれからも暮らしていけるのでしょうか


いろんな国の人と出会い、話し、改めて人の影響力を実感する日々でもあります。

過去の思いから、いつも確かなものを探す癖があり曖昧は嫌だったりも‥
でも、何が確かで何が確かでないかは非常に難しく。


結局は信じること、自分を信じることしかないのかもしれません。
いずれは時が経てば真実はわかるものなのでしょう~


これからの自分、はっきりいってまだまだ定まっていないはずなのに
昔のような何とも言えない気持ちの滞りを感じないのはなぜなのでしょう。

これでいいのかな…がないのです。


この訳は…まだわかりません。

(ó﹏ò。)


1374458437938 (1)




にほんブログ村
スポンサーサイト
2013.07.23 Tue l Ma vie de la france l コメント (0) トラックバック (0) l top
7月14日のフランス革命祭も終わり…


021_20130721103550.jpg



次は、私にとって待ちに待った日が来ました!!!

お二人の来仏❤

日本に居た頃から、たっぷりお世話になり、笑いあり涙あり
そして寝起きまでも‥一緒に過ごした時間が一番長かった私の大切な人の一人です。

何度彼女に励まされ、、大笑いさせられたかは覚えていないくらいです。


ノートルダムの前での再会!!!


不思議なのは、場所がパリというだけで私たちは日本に居たときと変わらないくらい
話は弾み過ぎ止まりませんでした

前を通るたびに、高級そうなレストランだなと思っていた
Café de la paix に行って参りました。


044_20130721105009.jpg


あんなに寒かったパリは、いつの間にか暑ーい毎日になっておりレストランに入ったときは、
ひんやりとして最高でした

日本の方にもよく知られているレストランのようで、日本にもありそうなフレンチな感じですが
小奇麗な感じが私たち日本人には馴染み深くホッとするところです。



045.jpg




前菜は…メロンです

いきなりデザートみたいですが…


048.jpg


メインはサーモン、


049.jpg


フランスの素晴らしさを語り続けてくれていた大学の恩師が、フランスで食べるなら魚が良い、
お肉なら仔牛にしろと!!

魚は間違いがほぼありません


デザートはかの有名なオペラでございます。


050.jpg


飾りつけも繊細で、日本のレストランを思い出してしまいました




彼女といろんな話をする中で…


実は私たちが同じ場で、あーやこーや言いながら過ごしていたあの頃から、
まだ一年も経っていないのです。

こんなにもお互いの環境が変わっているなんて全く想像もしませんでした。


同じ生活を続けていくこともまぁまぁ大変ですが、自分の意志で環境を変えることは
歳を重ねるたびに大きな大きな勇気を必要とするように思います。

でも、その勇気は何らかの形となってまた現れてくれるように私は思いたいですし信じたいです。


また歳を重ねるたびに身の回りを完璧に揃えて生活することを止められなくなってきます。
自分で稼いだお金だしなんて、、


両手いっぱいにものを抱えていては、自分にチャンスが来た時にそのチャンスを掴むことさえできない。
こんな言葉を昔聞いたことがあります。


ときに大切なものから手を離すことも必要なのでしょうか。
だからといって何かが手に入るとはわからないなんて思ってもしまいますがね~



DSC_2631.jpg




彼女は自然に幸せそうでした!!
それがとっても見ていて心地よかったです。

人のために幸せになるのではなく、自分のための幸せですよね。
これは忘れてはいけないと思います。



今更、、初めて凱旋門の上まで登りました。


075.jpg


彼女たちのおかげで久々にたっぷりパリを観光できました。
ありがとうございます(^_-)


パリはやはり素敵なのです。

Je craque pour paris


127.jpg



早く日本に帰りたいと思っていた8ヶ月前の私、まぁ、フランスもボチボチ素敵かもね。なんて思っていたと思えば…いつの間にかフランスに居たいのかも私に変わっていて、、、


これからも変わっていくのでしょうか。。
自分の気持ちが予測できないのは初めてかもしれません。

最近はハイスピードに自分の中の自分が変わっていっていることに気づかされます。



060.jpg




にほんブログ村
2013.07.21 Sun l Cuisine française 料理 l コメント (2) トラックバック (0) l top
忙しい日々~

気が付けば、日本で働いていた時のように、、
ベットに入って寝るまでの時間は10秒以内…というくらい疲れがたまってきました。

そして、そのままベルギー旅行へ



DSC_2601.jpg



前回ベルギーに来たのは12月。
同じところにもう一度訪れてみると、自然とあの頃の自分、あの頃自分が考えていたことが思い出されて…
不思議です。


ただただ、どうしてよいのかわからなかったあの頃は、、
わからな過ぎて、何を悩めばよいのかもわからなかったし、どうしてフランスに来てしまったのかも…



027.jpg



今は、何が変わったわけでもなくフランスの生活に慣れてきて自分なりの好きな生活スタイルができてきた。

ただそれだけなのに、、


こんなにも考え方がかわってしまうとは…

実は、ただそれだけではないのでしょうか。
私の知らないところで私が変わっているのかもしれません。



もちろんベルギーは変わらず、
季節が変わっているので少し雰囲気が違うようにも見えました。



やはりベルギーも絵画は素敵なのです。


019.jpg


この方の周りには沢山の人が。
私も見入ってしまいました。



020.jpg



そして、なんと犬を連れているのです。

パトラッシュを思い出しました。
古き良き時代が残っていますね~


自分の手で生きてる感がもろ出てるのですが、欲のない感じに魅かれてしまいます。





038.jpg



ベルギーはフランス語を話すこともあって、パリとも雰囲気は似ているところもあるのかもしれませんが、
パリよりももっと古風さが残っている気がします。



ベルギーワッフルを食べ

好きなお店でベルギーチョコレート、ビールを買い…ホテルでゆっくり~


この系のホテルはやはり懐かしく、、
ふふふっっ

と思いながら昔を思い出します。


DSC_2603.jpg




今回はブルージュでもゆっくりできました。



044.jpg



やっぱり、この町はかわいいですよ~(*^^)v

こんな風景ばかり見てたら、本当に日本の大好きなコンビニに行く自分が想像できなくなってきます。
あんなに日本日本…といっていた自分がいつの間にかいなくなっていて、

人間の順応性は素晴らしいですね。



052.jpg



残されたパリでの生活時間、、あれもこれもとやりたいことが沢山あるはずなのに‥
なぜかいつも通りの生活をしてしまう私。。


それが私らしい気がしてならないのですが、、
この生活に終わりが来てしまうことが、少し信じられません。


なぜ今なの(?_?)と思うことが起きたりもして…
もう少し時間があれば(-"-)なんて~そんなものです。

どう焦ればよいのかももわからないし…


でも、変わらずいつも通りの生活を精一杯に続けていく。
それが一番と私はこの国で学びました。



パリで出会った友達と8年ぶりくらいのパリでの再会。


公園でゆっくりと癒されるパリの午後。




1058827_10201253737376297_831383050_n.jpg


私にとってのパリはいつも人生の岐路なのです。




にほんブログ村

2013.07.12 Fri l Belgique ベルギー l コメント (1) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。