FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

今回のパリの旅は、2年ぶりのパリ。。
でも、パリはそっくりそのまま
歩いていると鮮明に昔を思い出し、なんとか
精一杯自分を見いだそうとしている私が蘇ってきます。


そして、お友達にも沢山再会しました。


AKIで偶然にもお知り合いになった日本人madam、
彼女にはAKIで言葉の壁、国の壁にぶつかったとき、、
パリの日本人はみんな同じ経験をして強くなること、
パリで遭遇せざる終えない事件にふっっと笑えてしまう時が来ること教えて頂きました。


そんなときにあまりフランス語が話せないことを恥じるのでなく、日本人であることに誇りを持つことの大切さを知りました。

彼女は素敵な笑顔で手をふって迎えてくれました。


日本人の経営してると言うキッシュのお店
Mamie gâteaux に連れていってもらい、
キッシュとデザートを頂きました。

20161125081311d09.jpg


12番線ⓂSèvres babylonne からが一番近いです。
Rue de cherche midi !!!

やはり日本の方に連れていってもらうお店は美味しい󾬄


ボンマルシェにておすすめのお土産を
教えて頂きました。

このとき、日本はなんだかバター不足
エシレのバターを買い、フランスのお塩も
好きなので家庭用を。

しかしバター、手荷物では飛行機に乗れません


そして、ボンマルシェはあのエッフェル塔を建築した
ギュスターヴ エッフェルさんも関わって
いると聞き目からうろこ。


久しぶりに正しくパリ!!という町を歩き、
なんとも言えない感情が芽生えたこと
ざわざわと聞こえてくるフランス語が
なんとも心地よかったこと

201611071338273de.jpg

よくお散歩してた公園


しかし、スリには常々注意してました(笑)


同じ日本人でもこんなにもパリに住んでいると
また違う観点を持ってらっしゃって、

フランスやフランス人の発想はやはり
興味深く、その根源はどこからなのか
フランスの歴史にも触れてみたくなった
一日でした

20161107133104e04.jpg




にほんブログ村
スポンサーサイト
2016.11.25 Fri l mes amis l コメント (0) トラックバック (0) l top
パリのお友達の来日です!!!



私がパリに行っていたときと真逆…
連絡がとることができないから、無事に会えるか心配していたら、、

公衆電話からの電話、一瞬なんと出ようか迷いました(笑)
Allo なのか もしもしなのか、、結局、はい!!とでました。

そして、なんともの早口のフランス語

Tu es ou ??
Il y a deaux grands exits......

久しぶりに聞くフランス語に懐かしさを感じましたが
ここは日本なのに、あの堂々としたフランス語には、さすがだなと思ってしまいました。


そして、驚きはもう一つ、、

帰国してもう4ヶ月、かなりフランス語のレベルが落ちていると思っていましたが、
一旦スイッチが入ると、もちろんスラスラまではいかなくてもフランス語を話す自分に 

今までの学生の頃の留学では忘れるのは本当に早かったのに、
この体が覚えてる感じは初めての感覚です。


沢山のパリからのお土産…


DSC_0014.jpg





少しづつ少しづつ、悲しいけれどパリで自分が生活をしていたことさえ忘れそうな毎日、
でもみんなの顏、手紙を読むと、、、

あ~私、ここでみんなと生活していたんだな(*_*)
と改めて思い出します。

Paris, c'est pas de tout pareil sans toi..

Tu nous manques !!!


最近、思い出しました。

パリから私の乗る飛行機が陸を離れようとしているとき、、
これから私が向かう日本で何が起きるのだろうか、これから私は日本で何ができるのだろうか、そんな不安の中にいました。
ほんの少しの期待と楽しみと‥

そして今、あの頃想像することもなかったようなことをしています。



DSC_2456.jpg



パリのガイドブックを買い、フランス語の授業を久しぶりに受け、
フランスをじっくり思い出してみました。

すると、違う自分を感じてしまうのはいつも決まったことなのです。



DSC_2323.jpg


なーんにも考えず、このセーヌ川沿いを歩きたいものです。





にほんブログ村
2014.01.29 Wed l mes amis l コメント (0) トラックバック (0) l top
久しぶりの日本での生活 

慣れないせいか、なんだか生活しているという感じになりません。



DSC_2887.jpg




これから、また新しい環境に自分を慣れさせるというのもなかなか大変なものです。

それが、自分の国、日本であっても‥

帰ってきてひしひしと感じるのは、日本 とフランス 
本当に全てが違っていたということです。

周りの景色を始めに、人の価値観まで。

そんなフランスで暮らしやすいと言えるほどにまでなってしまっていた私には、日本で暮らしにくいと思うことが以前より増えていたのは確かです。

環境って本当にすごい力を持っています 



さてさて 

まずは、沢山の友達に会いました



贅沢にもケーキとスパークリングワイン 

を飲みながら積もり話



DSC_2888.jpg


私が日本にいなかった間のいろんな出来事を聞き
時間が確実に動いていること、

やはり昔の自分を思い出します。
でも、日本での私は1年前のまま止まっているのです。


新しくできたグランフロントのキルフェボン



DSC_2894.jpg


桃のタルトです。




そして、大好きな串カツを大好きな仲間たちと


DSC_2891.jpg



このお店は大好きなお店で、1年前の渡仏前にもみんなで来ました。


大好きなエビは二つ頂きました。


DSC_2889.jpg


みなさんの話、、テレビやドラマの話はついていけませんが…



私の大切な知り合いが‥

ある話をしているときに、、

”〇〇は幸せにならなあかんよ!!”

と少し涙ぐみながら言ってくれました。

誰もわかってくれなくて当たり前のはずなのに、そんな風に私のことわかってくれる人はとてもとても貴重な存在です。

せっかくここまでやってきたのだから、これからも前に進んで行きたいのですが…
ときどき私の中に不安な気持ちがよぎるのです。

心の中はこんなことばかりであるのに、、

なぜか、私の周りの人たちは、
私のことを見ていて、とても楽しそうと言ってくれるのです 

本当は私は、楽しそうなのでしょうか…




最近の困ったこと…

それは、日本の流行ファッションについていけてないことです 

フランスでは普通にしていたファッションが、今の日本ではちょっとダサいのでしょうか~
私にとっては普通なのに 

やっぱり環境って怖いです。


雑誌を見て研究致します。



日本はいろいろと移り変わりが早い国でありますから、少し離れただけでも置いて行かれてしまいますね。

コマッタコマッタ



フランス語の勉強も続けなければ、すぐに忘れてしまいますね。


DSC_2896.jpg


Je t'attends au japon !!!



にほんブログ村
2013.09.30 Mon l mes amis l コメント (0) トラックバック (0) l top
パリ最後の一週間、、

とても忙しく充実した日々になりました。


仕事最後の日は、いろんなごちそうを作って頂き、こんな私のために動いてくれたことに感激でした。


DSC_2815.jpg




本当に本当にみんな優しいのです


仕事場で友達になったフランス生まれの中国人、、

彼女と一緒にラデュレに



DSC_2842.jpg



フランス語での女子トーク、彼女のフランス語は早くて、若者言葉(^_^.)

たまに理解できないこともありますが‥

どこにいても女の子はお話好き!!!



いつもいつも私にフランス語を教えてくれ、困ったときは助けてくれたフランス人とは
パリ初の日本人の開くシフォンケーキ屋さんへ


DSC_2849.jpg



やわらかくて、とてもおいしかったです❤❤

彼と話したフランス語の会話、この1年間で違うことを考えていてもフランス語が入ってくるようになった気がします。



そして、いつも親切なフランス生まれのタイ人の方はモスケに連れて行ってくれました。


このお菓子はおいしいのですが、とっても重いですね。


DSC_2852.jpg



仕事の話やバカンスの話、こんな普通の毎日を送っているのに、これに終わりが来てしまうことが信じられません




仕事でお世話になった社長さんたちには、送別会も兼ねてフランス料理を食べに連れて行ってもらいました。


DSC_2857.jpg




選んだわけでもなく、私にはここしか働くところがなかったのですが…
こんなに素晴らしいところにたどり着けたことに本当に感謝です(*^^)v


そして、一番お世話になった在仏8年の彼女と旦那様。

お家でごちそうを頂きました。


DSC_2865 (1)



旦那様が作ってくれました。。

彼女を見ていると、フランスで暮らすのもありかななんていつも思ってしまうんです。
旦那さんとのやり取りが、日本夫婦とは違ってなんだか癒されるのです。

言いたいことは言い合い、でも後腐れはなく、、



パリ最後の日には‥

私のパリ生活を変えるきっかけをくれた、
日本大好きなフランス人とクスクスを食べに行きました。


私が食べたのはタジンです。


DSC_2869.jpg




彼は、Sony の新しいカメラを買ったらしく嬉しそうに写真を沢山撮ってました
次の日本旅行で使うみたいです。


やはりフランス人、何を考えているのかわからないことはたっぷりで、
それを自分の中で片付けがちですが、何でも口に出すことは大切なようですね~

意外と全く違うこと考えてたりして、、また文化の違いに驚き(--〆)


忙しい1週間でした
でも間違いなく最高でした!!


パリ出発の日に…
ずっと迷いの中で決断できなかったいことがようやく


パリはもちろん好きなのですが、パリにいる私が好きなようなのです。
無理せず、素の私でいれるからなのかもしれません。


そして、、パリで出会った人たちが今の私を作ってくれたような気がするのです。



DSC_2846.jpg


Je reviendrai un jour !!!



にほんブログ村
2013.09.11 Wed l mes amis l コメント (0) トラックバック (0) l top
私がもうすぐ帰国とのことで、みんなでタイ料理を食べに行きました。


人生でタイ料理は2度目
日本では1度も食べたことなかったのです。

一緒に行った友達の中にはフランス生まれのタイ人の方がいらっしゃったので、
いろいろとアドバイスをしてもらい…


頼んだのは、有名なグリーンカレー 


DSC_2742.jpg



やはり、けっこう辛いんですよね~


その他にも、、

春巻きみたいなのや


DSC_2740.jpg



牛肉の半生もたいなのとか


DSC_2739.jpg



パパイヤのサラダ??



DSC_2741.jpg




なんともビックリしたのが、みんなで私の食べたものの値段を割り勘して奢ってくれたのです。
こんなに親切にしてもらって‥

うれしいのです(*^^)v



ふと、あとフランスにいる時間を指で数えるとほんとに数日しかなくて…


実は、私が帰国日を決めたのは2月でした。
思い出しても笑えてくるのは、、その頃は日本での再生活を楽しみにしている私が大きくて
少し早目の帰国にしてしまったのです(笑)

まさかの展開は想像してませんでしたので。

あの頃の私はどこへやら ???


フランスでの生活、決して短かったとは言えないし
何がこの一年でできたのかと言われれば、大して何もできていないんだろうなぁぁ。

ただ、それでいいのだろうなと思える自分がいるような気がしてます。


仕事を捨て無職になり、海外に来ることは歳を重ねるほどたやすいことではないし、
私も来るときにはそれがひっかかりもしていました。


1年後…どうすればよいのか、、

しかし、1年後、その先に何が起きてどんな状況になるかはわかりません。
ここにいると、いろーんな生き方があることを身に染みて実感させられるのです。


決まりが少ない分、自由もできることも多いです。
その分危険も多いので自分は自分で守らなければいけませんが。

海外は可能性が広がると言われるのは、こういうわけかもしれませんね。


日本は暮らしやすく、道を外す人も少ないかもですが、
能力を抑えてしまうところもあるかもしれませんね。



DSC_2744_20130823055501b7a.jpg



にほんブログ村

2013.08.23 Fri l mes amis l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。